外資系の医療機器

外資系の医療機器では

外資系医療機器のメーカー

外資系の医療機器メーカーで世界をけん引しているのはジョンソンエンドジョンソン、ゼネラルエレクトロニック社です。欧米では医療機器メーカーが市場の8割を占めていたり、研究開発費も膨大だったりととても恵まれた条件になっています。現在使用されている医薬品は1万5千点とも言われており、医療器具に至っては60万品目にも及ぶといわれています。一覧にするとトップ10までを外資系メーカーが占めており、欧米企業の独占市場となっていることが理解できます。1位ジョンソンエンドジョンソン、2位ゼネラルエレクトロニック、3位メドトロニック、4位にシーメンス、5位バクスター、6位フレゼニウスメデイカルケア、7位コーニンクレッカフィリップス、8位カーデイナルヘルス、9位ノバルテイス、10位コヴィデイエンです。

医療機器の一覧を見て

医療機器の一覧を見てみると、ホルタ心電計があるのがわかります。ホルタ心電計とは、長時間心電図解析装置とも言われます。病院で心臓のドキドキがおかしいので、検査してもらうと、だいたい1分から3分ぐらいで、心電図で測ります。しかし、それだと、一日でたまにしか症状が出ない患者さんにとっては、意味がありません。そこで、その症状が出た時の状態をとらえるために、ホルタータイプの医療機器があります。胸に数個の電極を多少動いても外れないようにしっかりと貼り、電極を小さいレコーダにつなぎます。普段通りの日常生活を送ってもらい、まる一日の心電図を記録します。これで、たまにしか発生しない不整脈などが確認を出来ます。

医療機関における情報

↑PAGE TOP