医療機器の先進医療

医療機器の先進医療では

医療機器における先進医療の一覧

国内で使われる医療機器は診療報酬制度によって算定されます。使い切りの部材のように使うことで材料価が設定されているものや手技によって都度算定されるものなどがあります。医療機関は毎月その使用実績をまとめて集計し、診療報酬を算定して請求します。そのような保険制度が適用されていない新しい医療機器については先進医療制度があります。厚生労働省は、保険適用がされていない場合であっても混合診療とならない技術を指定して先進医療としてします。指定された技術は厚生労働省のWebページにて一覧表を閲覧することができます。

医療機器の種類ごとの一覧

医療機器は、メス、ハサミなどの鋼製刃物のようなものから、放射線治療器などの複雑でリスクの高いものまでさまざまな種類があります。ある程度のグループ分けをするために一般的名称と呼ばれるグループを規定しています。一般的名称は4000を超える種類があり、それぞれに定義やリスク分類、メンテナンスの要否、設置の要否、修理の区分などが規定されています。医療機器の一般的名称一覧は、クラス分類告示と呼ばれているもので見ることができます。メーカーは、この一覧から該当する一般的名称を判断して、許認可を取得する要件などを確認します。

医療機関における情報

↑PAGE TOP